SOS!SWFOTO GC-01 ギアパノラマクランプが固い時の解決策

今年の3月に書いた記事を読んでSWFOTO GC-01 ギアパノラマクランプを購入された読者様から問い合わせがありました。

これは良いかも!? SWFOTO GC-01 ギアパノラマクランプ
ARCA-SWISSギア雲台の不満 ARCA-SWISS C-1 cube GPやARCA-SWISS d4 GPを使っていて一番不便だと思うのは3軸微動と謳いながら基部パンは微動じゃない。ということです。 パン(水平方向の...
質問者
質問者

HAKU様、はじめまして。これは良いかも!? SWFOTO GC-01 ギアパノラマクランプという記事を読み、自分が欲しかった物だと思い購入しました。しかし記事にも書いてありましたが個体差という物に当たってしまったらしく、非常に操作が重たいです。操作さえ軽ければ最高だと思うので諦めきれません。何か改善する方法はないでしょうか?

なるほど。改善できるかどうか分かりませんが構造を見てみましょう。

じっくり見るまでもなく、微動ノブのすぐ近くに小さな止めネジがありますね。
おそらくこれはフリクションコントロール用のネジです。

六角穴のサイズは0.89mmで、右に締め込めば操作は重くなり、左に緩めれば軽くなります。

しかし、今回の質問者様の物はこれでは改善しないとのこと。ちーん。

じゃあ今度は駆動用のシャフトを疑うしかないですね。

ネジ穴はヘックスローブ(トルクス)、サイズはT10です。

 

このネジを緩めます。外さず緩めるだけで十分です。

この内部は、下の図のように左右ふたつのパーツに分かれていて、各のパーツの内部には管が通っています。その管の中に1本のギア付きのシャフトが通っています。

そのパーツは上部のネジ一点止めで固定されているだけなのです。

ふたつの管が、上図のように真っ直ぐなら問題ありませんが、下の図のようにズレていたらどうでしょうか?

このように棒が管に擦ってしまって滑らかに回転しません。

このふたつのパーツは、本体との間に僅かに隙間があるため、組み付けが悪いと動きが渋くなってしまうという訳です。

これはアルカスイスP0 Hybridでも同じようなパーツがあり、やはりあちらも組付が悪いとノブが固くなります。

これを解決するために、一度ネジを緩めて、真っ直ぐに組み直して、再度ネジ止めしてやりましょう。

コツとしてはネジが緩んだ状態でノブを操作してみて、もっともスムーズに回る位置に合ったら、まずはノブから見て奥側からネジを固定し、その後に手前側のネジを固定すると、組み付け時にズレが起こりにくいです。

質問者
質問者

シャフトの調整をしたら非常に軽くなりました!ありがとうございました!

という嬉しいお返事をいただけました。
ブログをやってて良かったなと思う瞬間ですね。

他に原因があった場合は最悪分解かな?と覚悟していたので、これで解決して本当に良かったです。

今後とも応援よろしくお願いします。

 

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!
タイトルとURLをコピーしました