ライティング

Nissinの本気爆発! スーパーライトスタンド LS-50C レビュー

ストロボメーカーNissinが本気で作ったライトスタンドLS-50Cをレビューします。メーカー発表の最大荷重は1.5kgですが、バランス用のウエイトバッグを含めて1.5kg以上載せても、特に問題なさそうでした。そこそこ丈夫に出来ているなという感想です。立てた時の最低高が48.5cm、最大高は2mと大抵の撮影では必要十分な高さ範囲をカバーしています。
Really Right Stuff

2018年の新製品!Really Right Stuff BPC-16 レビュー

今年ReallyRightStuffから発売されたばかりのBPC-16のレビューを書きたいと思います。人気が高いからか、はたまた売れないからなのか、いまだに直販でもPre-Orderのままです。非常に魅力的なフォルムの製品ですが、いざ手にしてみると中途半端感は否めません。ボールサイズの小ささによる剛性不足、固定力不足が原因で、すこし重い機材だと安心して任せらないというのが本音です。ただシステムとしては非常に良くできていますので、軽量な機材に限って使用するなら便利なアイテムとなるでしょう。
メンテナンス

これでメンテ完璧!カメラ機材のケミカル紹介

カメラ機材のメンテナンス用ケミカルについて、詳しくご紹介したいと思います。
Gitzo

現行Gitzo4型にRRSのQDストラップセットは装着できるか?

Gitzo GT4533LSにRRSのQDストラップセットは装着できますか?メールでこのような質問が届いたので検証してみたいと思います。ですがGT4533LSは持っていませんので、代わりにGitzo GT4553Sで検証します。
メンテナンス

三脚のグリースアップにはグリースガンが便利

私が皆さんにお勧めしている三脚のメンテナンスクリース「SuperLubeの多目的グリース」。非常に高品質なグリースですが、チューブの口が三脚に対して口が大きすぎて、塗布しにくいです。「もう少し細〜く出てくれたら良いのにな」と思われている方も多いと思います。
Really Right Stuff

思った以上に魅力的?RRSユニバーサルレベリングベース TA-U

三脚で正確に水平を合わせなくても、レベリングベースを導入すれば簡単に水平を合わせられます。機能としてはReally Right StuffのTA-2-LBとほとんど一緒ですが、TA-2-LBが三脚組み込み式に対して、こちらは三脚ネジで取り付けるタイプで一般的な三脚で使用可能です。
Really Right Stuff

もうザハトラーには戻れない?Really Right Stuff FH-350

FH-350は、0.7〜4.5kgの小型のビデオカメラに適したビデオ雲台です。FH-350は、重量定格内で無限の調整が可能なカウンターバランスで設計されており、180度まで安定した操作が可能です。
Really Right Stuff

RRSお布施案件!Really Right Stuff Tシャツ

我らがReally Right StuffからTシャツが発売となりました。サイズは S / M / L / XL / XXL の5展開。M / L / XL はサイズを測ってみましたので参考にしてください。
Arca-Swiss

【必読】アルカスイスZ1(Z1+)のクランプ交換について

アルカスイスZ1及びZ1+の純正クランプを、他社クランプと比較すると、正直少し使いにくいです。しかし交換するということは故障するリスクがあります!今回はそういうお話です。
KIRK

KIRKのG-1のパンベースを色々試してしてみた

KIRKのG-1のパンベースとRRSのFG-02のパンベースを交換してみることにしました。その理由は2つ。1つ目はKIRKのパンベースの方がロック力に優れていること。2つ目が微妙なフリクションコントロールが得意なことです。