屋外でのノーダルポイント(ノーパララックスポイント)NPPのあわせ方

今回は屋外で簡単にノーダルポイントまたはノーパララックスポイント(以下、NPP)を合わせる方法を書きたいと思います。基本的には以前書いた記事と方法は一緒です。ですので何故NPPを合わせる必要があるのか?といった内容に関しては下記リンク先の記事をご覧ください。

ノーパララックスポイント(No Parallax Point)を知り、正確なパノラマを撮ろう

屋外でのNPPのあわせ方

まっすぐ立った棒状の物を探す

まずは立っている標識や電柱、木などを2本探しましょう。出来れば遠近感が手前と奥の太さが一致するくらいが理想的です。ただ一致するほど精度が高いというだけで、広角〜標準画角なら、そんなにシビアに考える必要はありません。距離も2本が目で確認できれば良いので、遠くても近くても問題ありません。

2本の直線上にカメラをセットする

奥の棒が手前の棒に隠れるように、2本の直線上にカメラをセットします。

上のような感じです。後ろの木の方がかなり太いので、木の真ん中に標識のポールが来るようにセットしました。この時、ロングプレートをセットしておきます。NPPを合わせるためには、ロングプレートは必須アクセサリーです。

NPPに合わせないとどうなるか?

もしロングプレートがない場合はNPPに合わせられないため、視差が生まれてしまいます。視差が生まれるとカメラをパンした時に、前後の被写体の位置関係にズレが生じてしまい、後で写真を合成する時に綺麗に繋げなくなってしまいます。

NPPが取れていない場合

NPPを合わせる

ロングプレートを使って、カメラを後ろにズラし、木と標識の位置が左右にカメラを振っても(パンしても)ズレない位置を探します。完璧にズレない位置が見つかったらロングプレートの目盛り位置をメモしておくと、次回は数値に合わせるだけでセット完了しますので便利です。

合わせ方はまずは直線上に2本がまっすぐ並んでいるかどうかを確認します。

2本がギリギリ右端に見える位置まで左にパンします。この時、木の中心から標識がズレていた場合、真ん中にくるように位置を調整します。

調整したら念のために逆側も確認します。

ズレがなければNPPにセット完了です。この3枚を使って合成すると、下のように、つなぎ目に違和感がないパノラマ合成をすることができます。

動画も撮ったのでご覧ください。

NPPが取れている場合

このように屋外でも簡単に合わせられますから、パノラマが良さそうな場所があったら、ぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント