KIRKの六角レンチの脱着方法

質問者
質問者

KIRKのLブラケットの六角レンチを使ったのですが、元に戻せなくなってしまいました。無理に押し込めば入りそうな気がしますが、傷をつけたり最悪壊してしまいそうで躊躇っています。戻し方を教えてください。

こんな質問が届きましたので、回答させていただきます。確かに検索してなかなか出てきませんね。せっかくですのでブログのネタとして使わせていただきます。それでは早速回答したいと思います。

裏側はこんな感じです。KIRKは他社のように磁石を使わずに六角レンチを収納していますので、ちょっと凝ったギミックとなっています。

それでは外してみましょう。まずは長い柄の方を上に引き上げます。

L字型の留め具を引き上げた方に傾けます。

それでレンチを上にあげると外れるはずです。元に戻す場合も、まったく同じ手順です。

まずは短い方を斜め上からはめ込みます。

L字型の留め具をレンチと同じ方向に向けます。

持ち手側をプレートに押し込めば収納完了です。慣れれば片手で脱着できるようになります。

動画

KIRK の六角レンチの脱着方法

L字型の留め具が緩い場合がある

出荷の段階で留め具が緩い場合があります。私の買った物はいい感じに固かったですが、質問者さまの物は、緩々だったそうです。少し固いくらいがちょうど良いので、六角レンチを使って調整すると良いと思います。ただし六角レンチは付属していませんので、別途ご自身で用意する必要があります。適合する六角レンチは3/32インチです。


昔から電子機器などの精密機械に磁石を近づけてはならない。と言われてきたものです。デジタルカメラには各種センサーが付いていますので、磁力を帯びると、誤作動を起こす可能性はゼロではありません。Lブラケットのレンチ固定用の小さな磁石くらいでは、直ちに悪影響は及ぼさないと思いますが、使わなくて済むなら、その方が良いに決まっています。「ちょっと気になるな」という方はKIRKを選択すると安心でしょう。

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました