KIRK 雲台用クイックリリースプレート(小)

これまでもReally Right Stuffからダブテールプレートが出ていましたが、使いにくい点がありました。例えば端が緩やかにR処理されているため、雲台とプレートの大きさが一致する必要がありました。また空転防止用ネジもないため、緩んでしまう可能性もありました。しかし代替となる製品がなかったため、これ以外に選択肢がありませんでした。

遂にKIRK(KES)からもダブテールプレートが発売!!

今回ようやくKIRK(KES)からダブテールプレートが発売されましたので、早速入手しました。早速レビューしたいと思います。

まずはメーカー発表のスペックは以下の通りです。

  • 素材: 6061-T6アルミニウム&ステンレス
  • 仕上げ: サテンシルバーアルマイト
  • 直径:約5cm
  • 高さ:1.14cm
  • 重さ:42.5g
  • 雲台取付用ネジ: 3/8-16
  • 空転防止ネジ:有り
  • 滑落防止ネジ:有り

特徴

KIRKのプレートは取付面がフラットになっています。そのためベース面のサイズが合っていなくても、装着に不具合は生じません。

空転防止ネジが付いているため、緩む確率を低くできるでしょう。ただし空転防止ネジの先が尖っているため雲台を傷つけてしまいます。そのため私は先が平たいものに交換し、2本止めしています。

滑落防止ネジが付いていますが、邪魔になる場合は外すことができます。ただし、本来ここは外す目的ではないようで、工具が付属していません。脱着には3/32インチの六角レンチが必要となります。

緩み防止目的なのか、短いネジと長いネジの2本構造となっています。取り外す際、上側の短いネジを紛失しないように注意しましょう。

私が買ったスモールサイズはアルカスイスd4やP0くらいのベース径にちょうど良いサイズです。アルカスイスZ1+やReally Right Stuff BH-55にはビッグサイズの方を選ぶと良いでしょう。

一見アルミの素地むき出しに見えますが、シルバーサテンのアルマイト処理がなされています。これが個人的にめちゃくちゃ格好良くて気に入ってます。

心配されたReally Right Stuffのレバークランプとの相性問題ですが、若干キツイくらいで装着は問題ありません。もともとReally Right Stuffのダブテールプレート自体もキツイので、そんなに差はないと思います。

価格も非常に良心的で、ぜひお勧めしたい製品です。

2019年1月1日よりB&Hでの取り扱いも始まったようです!

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント