RRS コンパクトパノジンバル雲台 PG-01にASCEND専用ベースが追加!買うしかないっしょ(泣

ASCEND-14が発売されてからしばらく経ったある日、いつものようにReally Right Stuffのサイトをチェックしたところ、PG-01が新製品として更新されていました。

PG-01はトラベラー向けの超軽量化を実現したパノ・ジンバルヘッドです。単列と多重列、両方のパノラマの撮影に適しています。

かなり前からある製品でしたので「リニューアルかな?」と思って確認してみたところ、なんとASCEND-14-BH専用のベースバージョンが発売されるとのこと。

しばらくは様子見していたのですが、ついに画像が公開されました。

※画像はReally Right Stuff PG-01の製品ページより

私がPG-01をこれまで避けてきた理由がベースのロックやレベリングベースでしたので、とうとう避ける理由がなくなってしまいました。逝きま〜す!

RRS-pg-01-ascend-base

ずっとクローゼットに仕舞われて出番がなかったOPTECHのXLARGEネオプレンポーチがついに日の目を浴びます。残しておいて良かった。

スペック

それではまずスペックから見ていきましょう。

ASCENDベース版 PG-01 Pro
高さ 15.1cm
長さ 16.9cm
7.6cm
重量 380g
耐荷重 3.6kg

小型機材向けで、フルフレームミラーレス&70-200mm F/2.8までの機材が推奨されています。

5/32″六角レンチ用の格納スロットがあります。

RRS-pg-01-ascend-base

六角レンチは、クランプの脱着や、カメラプレートの脱着に使用できるので、着いているととても便利です。

セットアップ

ASCENDベースバージョンは、パン機能やレベリング機能を備えておらず、RRS Ascend-14-BHで使用するように設計されています。

しかしダブテールを備えていますので、アルカスイス互換の雲台やレベリングベースなどと組み合わせることも可能です。

RRS-pg-01-ascend-base

※装着例:Novoflexのトリオバランスに直接セットアップ。

それではセッティングします。

①ASCEND-14-BHにPG-01のベースを取り付けます。

RRS-pg-01-ascend-base

この時、クランプのセンターとベースのセンターを合わせて固定します。

②バーティカル(垂直)アームをベースに固定します。

RRS-pg-01-ascend-base

③バーティカルアームのクランプにノーダルスライドプレートを装着します。

RRS-pg-01-ascend-base

④カメラを装着します。この時、クランプのセンターとカメラのセンター(イメージセンサーの中心)を合わせて固定します。

RRS-pg-01-ascend-base

⑤バーティカルアームをスライドさせて、レンズ(センサー)の中心とベースの中心の1/4”ネジ穴を合わせます。

RRS-pg-01-ascend-base

液晶モニターやファインダーで確認しながらセンターを合わせます。

RRS-pg-01-ascend-base

⑥ノーダルスライドプレートをスライドさせて、NPP(ノーパララックスポイント)にセッティングしたらセットアップ完成です。

RRS-pg-01-ascend-base

ギャラリー

RRS-pg-01-ascend-base

RRS-pg-01-ascend-base

RRS-pg-01-ascend-base

RRS-pg-01-ascend-base

動画

メンテナンス

メンテナンスは非常に簡単です。操作ノブを緩めるだけで完全に分解できます。古いグリースを清掃ののち、摩擦面をグリースアップすればメンテナンス完了です。

RRS-pg-01-ascend-base

使用環境によりますが2〜3年に一度で良いと思います。

https://amzn.to/498VJS2

クランプ部分はノブの動きに違和感を感じた時に、テネシャスオイルをオイルアップすれば良いと思います。テネシャスオイルは取扱店が少なく、ネットでもあまり販売していないので入手し辛いのが難点です。

フィルウッド取扱店:https://weareopen.jp/dealer/

クランプのオイルアップに関してはこの記事をご覧ください。

Really Right Stuff レバークランプ メンテナンス

個人的に注目点はミニダブテール

ベースとアームのダブテール、ミニアルカスイス規格ともいうべき部分。実はこれ…

まさかのARCA-SWISS fix互換!まじかよ。

計測すると0.5mmほどの誤差しかありませんでした。これ絶対に意識してますよね。

まぁARCA-SWISS 純正fixクランプには滑落防止ピンが付いてるので、実際には装着できないのですけど。

ファーストインプレッション

まだ届いたばかりですので評価は差し控えさせていただきますが、第一印象は悪くないです。

とにかく軽い。実測396g、プレート込みでも489gですから、普通の雲台と変わらない感覚でパノ・ジンバル雲台を運用できるというのは魅力的です。

アルマイトの仕上げ、角の滑らかさや質感がとても良く、高級感が漂います。

私はミニクランプとノーダルスライドプレートを持っていたので、価格は$152でした。もし同じ構成で揃える場合は$312です。この価格設定はRRSでは割と良心的ではないかと思います。

販売ページ→https://www.reallyrightstuff.com/pg-01

アームの細さに起因する弱さは感じます。フルサイズ&70-200mmf2.8まで使えると謳ってしますが、実際どこまで使えるか使ってみないと何とも言えません。

唯一の操作ノブである固定ノブは少し固めです。ここがもう少し軽くロック/アンロックできれば良かったと思います。

PG-01Proは「持って出かけたい!」と思わせてくれる第一印象でした。

RRS-pg-01-ascend-base

〜追記〜

夙川に夜桜の撮影に行ってきました。

まずは単列5枚合成。

次は2列8枚合成。ブレもなく綺麗に繋がっていますね。

無風に近かったので、風がある時のデータが取れたら、また追記したいと思います。

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!
タイトルとURLをコピーしました