ブツ撮りやるならまずはここを気をつけよう!ブツ撮りのすゝめ

適当に撮影したら写真は真実を写さない

興味がある新製品や、何か商品を探す時に、その商品がどんな外観をしているのか?が、購入者にとってとても気になると思います。ブツ撮りは格好良く撮影する「作品性」よりも、綺麗に正確に撮影する「再現性」の方が重要と言えます。

しかし適当にカメラを向けて、撮影しただけでは【正確な】商品写真にならない可能性があります。ブツ撮りを始める前に、まずはそれを知っておいた方が良いでしょう。

広角だと歪む

焦点距離が広角になるほど、写真に歪みが生じやすくなります。

ブツ撮り歪み

80mmからとても自然に写り始める

標準ズームレンズでも、もっとも広角側、いわゆる「ワイド端」で撮影すると、歪んで写ってしまいます。この歪みは50mmを超えた辺りからこの歪みは軽減されていき、80mmから非常に自然になり、90mmになるとほぼ解消されます。

ブツ撮り歪み3

90mmなら上のように歪みが少なく、かつ「立体感を残した」描写が得られます。85〜120mmくらいの焦点域がブツ撮りにはもっとも適しています

そして焦点距離が長くなればなるほど、歪みが減っていき、180~200mm付近になるとほぼ歪みはなくなります。

ブツ撮り歪み2

ただしこの辺りから立体感はなくなっていきます。上の画像は200mmで撮影したものです。かなりのっぺりとした描写になっていますね。また望遠で撮るということは「ブレやすい」と言えます。ブツ撮りにおいてブレはもっとも避けたいことですから、ストロボを持っていない場合は特に、200mmを超える焦点距離は避けた方が良いでしょう。
そして望遠レンズの場合、最短撮影距離がかなり長くなる傾向があります。ほとんどの方が自室で撮影すると思いますので、その辺りも注意しておく必要があります。

焦点距離が変われば背景の見え方も変わる

一見、90mmと200mmでは、あまり撮影結果が変わらないように見えるかもしれません。しかしそれはこれまでの写真が【ひとつの商品】を撮影していたからです。たとえば90mmの撮影したこちらの画像をご覧ください。

同じように200mmの望遠で撮るとこうなります。

後の花がかなりキッチンブリーチに近づいてきたように見えませんか?分かりやすいように比較してみましょう。

もちろんふたつの位置関係は変わっていません。この現象を「圧縮効果」と言います。

背景に周囲の風景や小物を取り入れたい場合のブツ撮りなら、この圧縮効果によって、随分イメージが変わってしまいますので自宅の撮影環境や、仕上がりイメージなどをしっかり考えてレンズ選びをすることが大切です。参考になれば幸いです。ではではー

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント