Illustratorで軽くて綺麗なPDFの書き出し方

IllustratorでPDFを書き出してクライアントにメールで添付されるDTPのデザイナーさんやオペレーターさんが多いと思うのですが、使われている画像やファイルが大き過ぎると、書き出したPDFも大きくなってしまいます。
特に近年、デジカメの高画素化やアプリケーションの高性能化に伴い、ファイルサイズは肥大化の傾向があります。
場合によっては最小ファイルサイズ(WEB用)で書き出しても、メールに添付できないほど大きなPDFになってしまうこともあります。

「別名で保存」でのPDFを書き出し方

まずは比較のためにも普通に「別名で保存」からPDFを書き出してみましょう。
Illustrator-pdf
作成手順は以下の通りです。
「ファイル」→「別名で保存」→「フォーマットをAdobe PDF」→「保存」→「Adobe PDF プリセットを最小ファイルサイズ」→「PDFを保存」
ファイルサイズは127KB。フォントはとても綺麗ですが、配置画像がかなり粗いです。200%まで拡大してみます。
Illustrator-pdf2

このような感じで画像が荒れ荒れです。最小ファイルサイズでのPDFの別名保存は画像の劣化が激しいのが難点です。反対にパスで作成したイラストや文字は非常に綺麗です。

Illustratorで軽くて綺麗なPDFの書き出し方

では、いよいよ【一手間かかる】軽くて綺麗なPDFを書き出す方法をご紹介したいと思います。

作成手順は以下の通りです。
「ファイル」→「書き出し」→「フォーマットをJPEG(jpg)」→「書き出し」→「各アートボードごとにチェック」→「範囲を1」

…とここまで進むと「JPEGオプション」というウインドウが現れます。

「画質を0」→「カラーモードをRGB」→「形式の方式をベースライン(最適化)」→「スキャンを3」→「深度を高解像度」→「カスタムを300dpi」→「アンチエイリアスをなし」→「イメージマップにチェック」→「クライアント側にチェック」→「ICCプロファイルを埋め込むのチェックを外す」

Illustrator-pdf4

これでOKをクリックするとjpg画像が書き出されるはずです。そしてその画像を今度はIllustratorではなく、普通にMacのプレビューで開き、PDFを書き出したら完了です。

作成手順は以下の通りです。
「ファイル」→「PDFとして書き出す」→「詳細を表示」→「方向を横向きに」→「保存」→「”PDF”を使用」

それでは早速、出来上がったPDFを見てみましょう。

Illustrator-pdf5

ファイルサイズも少しだけ減りました。こちらも200%まで拡大してみます。

Illustrator-pdf6

フォントは少し粗くなりましたが、配置画像は明らかにこちらの方が綺麗ですね。先ほどの画像と並べて比較してみましょう。

Illustrator-pdf7

左が普通にPDFで別名保存した方で、右が今回ご紹介した書き出し方です。一見してお分かり頂けると思いますが、画像の劣化の少なさが圧倒的です。

まとめ

文字やパスで書かれたイラストを綺麗に見せるなら「別名保存」、配置画像を綺麗に見せたいなら「jpg書き出し後にPDF化」がお勧めです。

ちょっと面倒くさい方法ですが、IllustratorのPDF作成でファイルサイズなどでお困りの方は一度試してみて下さい。参考になりましたら幸いです。ではではー

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント