edelkrone FlexTILT HEAD2 開封

最近トルコのカメラアクセサリーメーカー「edelkrone(エーデルクローン)」が動画界隈で存在感を放っています。一時期 youtube でバンバンCMが流れていたのは、皆様の記憶にも新しいと思います。そのエーデルクローンから発売されている「FlexTILT HEAD2」を入手しましたのでレビューしたいと思います。

箱はAppleを意識したかのような白を基調としたシンプルなデザイン。紙の質感も良いです。

蓋を開けるとスポンジは凹みまくってます。

六角レンチ2種とネジ変換アダプターが付属。質感はあまり良いとは言えません。

本体の質感は可もなく不可もなく。値段の割に高級感はありません。スペックは以下の通りです。

収納サイズ

85×105×27

重量

440 g

耐荷重

2.5kg

取り付けネジ

上面:1/4インチ (小ネジ)  底面: 3/8インチ(大ネジ)

傾き角度

340度

構造はいたってシンプルで、コンパクトに折りたため、容易にカメラの角度が決めることができます。

メーカーの商品ページによると高精度な加工が施されており、ネジを絞めたりすることなく、手を放した位置で固定できます。

耐荷重ぎりぎりの約2.5kgで試してみましたが、正直脚を伸ばして傾けると、その角度を保っていらず、お辞儀を始めてしまいます(ちょっとした角度なら大丈夫です)。ただセンターポールと一緒で、長〜く伸ばすとブレにも弱くなりますので、ほどほどが良さそうです。調整ネジをガチガチに締めれば保持できそうですが、それでは固くてまともに操作できません。1.5kgくらいの機材までなら良いかもしれません。

パン部分は固定できません。固定はできませんが、340度しか回転しないので、突き当りで止まります。止まることによって、三脚から取り外しができます。

アルカスイス互換にしたいので、クランプを取り付けたいのですが、幅がそこそこ広いのと、固定ネジが大きく邪魔をします。下の画像のようにあまり端っこで固定すると、ネジが干渉して折りたたむ事すらできません。ここはもう少し考えてほしかったですね。

結局ノブ式クランプは装着できなかったので、Really Right StuffのS.O.A.Rラインからレバークランプをチョイスしました。

これがめちゃくちゃ格好良かった!干渉もしないですし最高です。


と、ここまでまるで初めて触るように紹介してきましたが、実はこの機材、友人がすでに持っていまして、何度も触ったことがあります。そして私の機材ではあまり使い心地が良くない。ということも知っていました。そのため「絶対に買うことはないだろう」と思っていました。

しかし私は買いました。なぜなら…

先日導入したステディカムの一脚「Air-15」に取り付けたかったからです。三脚用としては微妙でも、一脚用雲台としてなら神雲台になるのでは?と考えた訳です。

早速取り付けたらところ、見た目はアレですが、操作性はなかなか良さそうです。長年足を取られ続けた一脚沼から遂に脱出なるか?

次回、期待と不安を胸に、フィールドテストをしたいと思います。

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました