最高の贅沢三脚 Really Right Stuff TP-243

すごく価格が高くても毎日使うものでしたら無駄ではありませんし、贅沢とは言えません。しかし欲しいという欲求だけで、実際はほとんど使い道がないものだったら、それは贅沢品と言えます。TP-243はまさに最高に贅沢三脚なのです。

製品のクオリティが高い

ベルレバッハ三脚のような構造で、噂通りなかなか完成度が高いです。在庫がなくて出来立てホヤホヤのせいか、アルマイトか金属加工の匂いが、1週間くらい気になりました。雲台取り付け台はBH-55を基準に作ってあり、思った以上にゴツい三脚です。

tp-243

基本仕様

1段階開脚したら圧倒的に安定感が増します。

tp243

大抵の機材なら安定して撮影が可能です。

グラウンドレベル開脚。この状態ですと脚の先は設置面には着かず、裏側に付いているゴムが設置部分となります。高さは約45mmとかなり低いです。

最大高は43cm。メーカーサイトでは45cmとなっていますが、この高さは雄ネジも含んでいるのかもしれません。型番のTP-243ですから2段43cmと覚えると良いかもしれません。

メーカーサイトでは1147gとなってますが、実測では1124gです。結構な誤差ですね。

折り畳んだ時の長さは31.5cmとそこそこコンパクト。ただ幅がゴツいのでバッグに入れるとなると結構スペースが必要です。

石突変更に難がある

標準の石突はスパイクです。

脚を抜いて反転させるとゴム脚となっています。

私はこちらの方が利用率が高いので、こっちを標準にしてほしかったです。と言うのも、この少し飛び出たボタンが脚が抜けないためのストッパーとなっているのに、片方にしか付いていないため、ゴム石突側だとストッパーが働かず抜け落ちてしまうのです。この欠点は致命的です。

対策としては1個25ドルのゴム石突に交換する事です。スパイクは使いたい時だけ交換するというスタイルが良いと思います。これでほぼ弱点は無くなりました。

まとめ

結構ベタ褒めしましたが、あくまでも実用的な三脚が揃っている私の【趣味的な道具】としての評価です。一般的な三脚としてはかなり使いにくいので、何か用途を求めている方は候補から除外した方が良いかもしれません。参考になれば幸いです。ではではー

 

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

  1. Nordlys より:

    こんにちは。
    お久しぶりです。

    少し大きめのテーブルトップ三脚を探していたらここに至りました(というかはじめからハクさんのブログ上で探しましたが😆)。ミニ三脚を物色しているのですが、ポケットサイズでなくともいいので少し高さを稼げて尚かつ接地面積を大きく取られないというテーブルトップ三脚を探していますがこれを一段目開脚した場合、例えば設置に取られる面積はお持ちのGitzo Traveler 2とそんなに変わらない感じでしょうか?。実はRRS TP-243と類似した製品でSunwayfotoのT1A20というのがありますが(というか丸コピー?)、それか同じくSunwayfotoのT1A20D-Tかで迷っています(日本未発売?)。以前いただいたArca Swiss P0を活かす意味ではTP-243と同じサイズのT1A20の方がピッタリマッチするのではと思っていますが、如何せん実物を手にする機会がないので迷ってます(T1A20D-Tはサイズ的にはピッタリですが開脚が一段しか選べず高さも今ひとつ足りないです)。もしわかりましたらご教授ください。🙏🏻

    • haku haku より:

      Nordlysさん、お久しぶりです。TP-243は1辺28cmの正三角形の設置面積となります。トラベラー2は41cmですので、かなり差があります。T1A20はデザインまで寄せた、いわゆるパクリ製品ですので、申し訳ないですが私のスタンスとしてはあまりお勧めはできません。というよりコピー元であるTP-243自体、趣味のモノとしては良いのですが、携行性が悪くお世辞にも使いやすいとは言えません。テーブルトップとして使うよりもグラウンドレベルでこそ威力を発揮する三脚だと思います。テーブルトップで微妙な高さがあるものなら、案外ベルボンのウルトラミニ553なんかは良いように思います。

      • Nordlys より:

        ハクさん、わざわざ測ってももらいましてありがとうございます。🙏🏻
        T1A20、つくりはとてもいいようですが確かにUSのAmazonだったか足が幅広で畳んだとき分厚くテーブルトップ三脚としては携行性が悪すぎるというレビューがありました。何よりよく調べてみたらこれにP0をつけると雲台付きトラベラー2とほとんど変わらない重量になるようです。こちらでは日本製三脚は市場からほぼ全廃されてしまったようなので(SLIKの工場はまだありますが)おとなしくミニ三脚のSunwayfoto T1A20D-Tにしようかと思ってます(日本未発売?)。

  2. Takashi Tateno より:

    はじめまして。RRSのTFA-01 Ultra Pocket ‘Podが非常に使いやすかったので、もう少し背の高い物を・・・と思い、TP-243とTP-243 RUBBER TIP WITH SAFETY STOPを購入してみたのですがどうにも、交換用のラバーチップが固すぎて三脚足に入れることができません。

    Nordlysさんが同セットを買われた際は、妙に固いとかあったでしょうか?

    長めの六角レンチで力のモーメントを稼いだり、滑らないようにラバーの手袋で三脚足を持ったり、さらには三脚足をストーブで熱して膨張させたりとあらゆる手段をしても、後数ミリ入りません。普通に手でしめれば、数ミリどころか1.5センチほど手前でねじ込みが止まってしまいます。

    RRSには上記内容を画像付きで問い合わせ、正しい物を送ってもらうか、こちらから三脚足とはまらない現物を送るからどうするか回答待ちです。

    アメリカ人の力で締めれば入って「しまい」、さらに無理やり戻せば交換用ラバーチップのネジ山が矯正されて使えるようになるのかもしれないのですが・・・

    • haku haku より:

      Takashi Tatenoさん、こんばんは。ハクですが、お答えします。私のセットは固くないです。普通にアメリカ製品にありがちな初期不良ですので、多分問題なく交換してもらえると思います。返送手続きなどはちょっと面倒くさいですが、返送用の番号などはRRS側が用意してくれるので頑張って手続きしてみてください。