最高の贅沢三脚 Really Right Stuff TP-243

すごく価格が高くても毎日使うものでしたら無駄ではありませんし、贅沢とは言えません。しかし欲しいという欲求だけで、実際はほとんど使い道がないものだったら、それは贅沢品と言えます。TP-243はまさに最高に贅沢三脚なのです。

製品のクオリティが高い

ベルレバッハ三脚のような構造で、噂通りなかなか完成度が高いです。在庫がなくて出来立てホヤホヤのせいか、アルマイトか金属加工の匂いが、1週間くらい気になりました。雲台取り付け台はBH-55を基準に作ってあり、思った以上にゴツい三脚です。

tp-243

基本仕様

1段階開脚したら圧倒的に安定感が増します。

tp243

大抵の機材なら安定して撮影が可能です。

グラウンドレベル開脚。この状態ですと脚の先は設置面には着かず、裏側に付いているゴムが設置部分となります。高さは約45mmとかなり低いです。

最大高は43cm。メーカーサイトでは45cmとなっていますが、この高さは雄ネジも含んでいるのかもしれません。型番のTP-243ですから2段43cmと覚えると良いかもしれません。

メーカーサイトでは1147gとなってますが、実測では1124gです。結構な誤差ですね。

折り畳んだ時の長さは31.5cmとそこそこコンパクト。ただ幅がゴツいのでバッグに入れるとなると結構スペースが必要です。

石突変更に難がある

標準の石突はスパイクです。

脚を抜いて反転させるとゴム脚となっています。

私はこちらの方が利用率が高いので、こっちを標準にしてほしかったです。と言うのも、この少し飛び出たボタンが脚が抜けないためのストッパーとなっているのに、片方にしか付いていないため、ゴム石突側だとストッパーが働かず抜け落ちてしまうのです。この欠点は致命的です。

対策としては1個25ドルのゴム石突に交換する事です。スパイクは使いたい時だけ交換するというスタイルが良いと思います。これでほぼ弱点は無くなりました。

まとめ

結構ベタ褒めしましたが、あくまでも実用的な三脚が揃っている私の【趣味的な道具】としての評価です。一般的な三脚としてはかなり使いにくいので、何か用途を求めている方は候補から除外した方が良いかもしれません。参考になれば幸いです。ではではー

 

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント