Really Right Stuff のアクセサリー紹介

今回はReally Right Stuffのアクセサリーをだらだらと紹介します。今回撮りこぼした機材も結構あるのですが、それはいずれ当記事に追記したいと思います。
イメージ 1
とは言え、もの凄い量ですので一つ一つ紹介している余裕はありません。あまり動画を撮るのは好きではないのですが、詳細は動画にてご紹介させて頂きます。お見苦しい点があると思いますがご了承ください。

Really Right Stuff のアクセサリー紹介①

紹介機材一覧①
1.【Really Right Stuff】TFA-01 Ultra Pocket ‘Pod
2.【KIRK】1/4-3/8ダブルスタッド
3.【Really Right Stuff】BC-18 Micro Ball
4.【Really Right Stuff】Mobile Phone Clamp & Stand
5.【Really Right Stuff】FA-CS3
昨年の夏に買ってから肌身離さず持ち歩いているのがミニ三脚のTFA-01。そろそろ1年が経とうというのに、購入当初に感じた「凄く良い」という気持ちは変わらないままです。KIRKの変換ネジも非常にしっかりした造りで、普通の変換アダプターとは比較にならない強度で雲台を接続してくれます。TFA-01 を持っているなら絶対に買った方が良いと思います。ボールクランプBC-18は角度に制限はありますが、このサイズでは考えられないほどの固定力があります。TFA-01を一躍スターダムにのし上げた影の立役者と言っても過言ではありません。
イメージ 4
スマホ用のモバイルシリーズもなかなか面白い製品です。中でも特にオススメなのが「Phone Clamp: Basic Clamp / Clamp Jaw: Dovetail 」というシンプルな構成です。
イメージ 2
画像はReally Right Stuff より
ほとんどのスマホに装着可能で、専用工具が内蔵されています。オプションでクランプジョーをダブテールに指定すると、底面がアルカスイス互換プレートになります。非常に軽くバッグに入れても邪魔にならないサイズです。反対にスタンドやL型は、重さや固定力の面で多少不満があります。
クリップオンストロボでオフライティングをされる方にとって、コールドシュープストロボマウントFA-CS3はとても便利です。購入から3年経ちますが、これも常に持ち歩いている機材の一つです。
イメージ 3

Really Right Stuff のアクセサリー紹介②

紹介機材一覧②
Really Right Stuff のアクセサリーを紹介します。
1.【Really Right Stuff】Mobile Phone Clamp & Stand 補足
2.【Really Right Stuff】Multi-Clamp
3.【Really Right Stuff】Cable Relief Spacer
4.【Really Right Stuff】B2-mAS
5.【Really Right Stuff】MPR-CL II
6.【Really Right Stuff】MPR-CL
7.【Really Right Stuff】MPR-192 & Duo Clamp
ミニ三脚に次いでオススメしたいのがマルチクランプです。
イメージ 5
固定力は非常に強く、ポール状の物をガッチリ挟み込みます。オプションのアダプターを付ければ机など平面の場所にも安定した固定ができます。3/8インチネジ穴が4箇所、1/4インチネジ穴が1箇所設けられていますので、ありとあらゆる所に雲台やプレート、クランプなどを取り付け可能です。
Lプレートの縦位置構図において、レリーズケーブルを使うのは至難の業です。通常はLプレートをケーブル分だけスライドさせて使うのですが、この方法だとどうしてもブレやすくなってしまいます。そんな悩みを解決してくれるアクセサリーがCable Relief Spacerです。ただ機材によっては小型クランプ「B2-mAS」を使えば、同じように回避が可能ですので、今は防湿庫の肥やしとなり、B2-mASを愛用しています。
イメージ 6
クランプ付きのダブテールレールは自由雲台を使用されている方にオススメです。特に広角で風景を撮影される方にとって、これらのプレートは非常に頼もしい武器となるはずです。
イメージ 7
クランプ付きレールの中で、クランプの場所を自由に変更できる製品があります。MPR-192 & Duo Clampなどがそうです。
イメージ 8
機材の重量によってクランプの位置を調整できるため、これは良いと思って入手しましたが、クランプのノブを回すと表裏同時に緩む構造となっており、うっかりミスで機材を落下させる可能性があります。一応ナイロン製のネジで仮固定できますが、超重量級の機材を支えるには頼りないネジですので、あまりオススメはしません。

Really Right Stuff のアクセサリー紹介③

紹介機材一覧③
1.【Really Right Stuff】MPR-B
2.【Really Right Stuff】TH-DVTL-55 / TH-DVTL-40
3.【Really Right Stuff】PCL-1B
4.【Really Right Stuff】RRS ‘Pod QD Strap Set
5.【Really Right Stuff】B2-FABN-Micro
ジンバル雲台で高さを合わせるために、いちいち毎回バランス合わせをしていては時間の無駄です。その位置にMPR-Bを付けておくことで瞬時にセットアップが可能です。またレンズフットに付ければ滑落防止にもなります。
イメージ 9
瞬時にセットアップという繫がりで、ダブテールプレートを自由雲台やジンバル雲台に付けておくと便利です。ただし雲台の種類によってはパンの操作性が悪くなる場合がありますので注意が必要です。
イメージ 10
パノラマ撮影を簡単に行いたいという方にはパノラマクランプがオススメです。Really Right Stuffのものは底がアルカスイス互換プレートになっていますので、雲台に装着するだけで、いつでもどこでもパノラマ撮影が楽しめます。非常に精度が高いので、クランプ一体型レールと組み合わせる事で、本格的なパノラマ撮影も可能となります。
イメージ 11
Really Right Stuffの三脚を買ったら、ぜひ一緒に注文してほしいものがあります。それは専用ストラップ RRS ‘Pod QD Strap Set です。B2-FABN-Microと組み合わせる事で、アルカスイス互換の速写ストラップに早変わりします。非常に見た目も格好良く、造りもしっかりしています。若干滑りやすい生地で、外国人向けに作られているせいか長いところが欠点です。
イメージ 12

Really Right Stuff のアクセサリー紹介④

紹介機材一覧④
1.【Really Right Stuff】TA-3レベリングベース
2.【Really Right Stuff】TA-3-QC
3.【Really Right Stuff】TA-3-PFH
4.【Really Right Stuff】MTX®マルチツール
5.【Really Right Stuff】QD Strap Swivel
TA-3レベリングベースはGitzoシステマティック3型4型のプロファイルに対応した、バーサ3シリーズ専用のレベリングベースです。太ネジタイプとレバークランプタイプがあります。どちらもハーフボールアダプター付きです。
イメージ 13
固定力はさほど強くありませんが、シンプルな操作性は好感がもてます。また雲台側にダブテールプレートが付いている場合、クランプタイプを選べば非常にスムーズ&スピーディな取り付けが可能となります。
TA-3QCははGitzoシステマティック3型4型のプロファイルに対応した、バーサ3シリーズ専用のセンターポールです。
イメージ 14
ごく普通のセンターポールですが別売のエンドフックTA-3-HKを付けると、Really Right Stuffの工具MTXマルチツールを収納することが可能となります。
イメージ 16
アッパーディスクも別売されています。型番はTA-3-PFH。
イメージ 15
なぜか三脚を買った時に付属されているアッパーディスクとは違ってロゴが入っていたり、止めネジが入っていたりします。フックも付いています。
MTXマルチツールはビット内蔵式のドライバー型工具です。
イメージ 17
内蔵できるビットは10本ですが、付属されているのは22種のビットと3/16インチの六角レンチ1本です。
QD Strap SwivelはReally Right Stuffのストラップのプロファイルに準拠した新しいシステムに対応した取り付け金具です。ストラップはもちろん、様々なものに取り付ける事が可能となります。

Really Right Stuff のアクセサリー紹介⑤

紹介機材一覧⑤
1.【Really Right Stuff】CB-YS
2.【Really Right Stuff】FASクランプ
3.【Really Right Stuff】B2-LR-II
4.【Really Right Stuff】B150-B
CB-YSとFASクランプなどを組み合わせて、下のようにレンズサポートとして使う事が可能です。
イメージ 19
B150-Bは非常に高精度なマクロレールです。軽量で海外のコピー製品とは全然違って、とても操作性は良好です。またKIRKのマクロレールが650gであるのに対して、こちらは440gと軽量です。(移動距離はKIRKは108mm/B150-Bは104mm) 粗動ボタンの位置も若干Really Right Stuffの方が押し込みやすいと思います。しかし剛性に関しては、KIRKの方がしっかりしています。いずれの比較も私個人の主観ですので、参考程度にお読み下さい。
イメージ 18
※画像はReally Right Stuffより
これで私が現在持っているReally Right Stuffの三脚&雲台の周辺アクセサリーは、クランプとLプレートを除けば全部だと思います。機材選びの参考になれば幸いです。
The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました