なるべく安く!商品撮影(ブツ撮り)のライティング環境

久しぶりに機材以外でご質問がきましたのでネタにさせていただきます。

質問者
質問者

個人でネットショップを運営しています。取り扱っているのは輸入雑貨で、だいたい30cm以内の小さな雑貨が多く、たまに鏡など映り込みがある商品もあります。あまりお金をかけずに綺麗に商品撮影をするセットを教えてください。

具体的な金額が提示されていませんが、なるべくお金をかけずに考えてみたいと思います。

白背景

雑貨という爽やかなジャンルのブツ撮りですと、白バックが鉄板でしょう。背景布を買いましょう。模様が無いなら白いシーツでも良いですね。

ナイロンっぽい素材の布の場合、結構シワが取れにくく、ストロボの反射が気になることがあります。なるべくコットンっぽい質感のものの方が扱いやすいです。シワがあっても吊り下げて霧吹きで水を吹き付けて一晩放置すれば綺麗に伸びます。また紙ではなく布を選んだ理由は、ディフューザーを兼ねているため、経済的だと思ったからです。

天井から吊り下げる

この方法は一番場所を取らないので、天井にネジを使って問題ないならお勧めです。「洋灯吊金具」というフック付きのネジを天井に取り付けます。背景布にダブルクリップを取り付けたら背景のセッティングは完成です。どちらも100円ショップに置いてありますので、背景セットは合計2000円くらいです。

<セッティングイメージ>

撮影台

撮影台は汎用品を色々と試してみたのですが、なかなかこれという物がありませんでした。しかしstudio9さんの「プロも使う!お家で簡単にできる最強のブツ撮りライティング環境を紹介します!」でキーボードスタンドを使われていたので、なるほど!それは良さそうと思い購入しました。

高さ調整も容易で折畳めますのですごく便利です。これを撮影台に流用しようと思いつくなんて、さすが中原さん!

天板はアクリル板を2枚使っています。この理由は乳白色のものが使いやすいのですが、あまり分厚くなると透過率が悪くなるのと、透明のアクリル板に比べて価格が高いので、1枚は透明で5mm、もう1枚は2mmの乳白色を重ねて使っています。合計7mmもあると少々重いものを乗せてもしならず、台として実用的です。価格はいずれも4500円だったと思います。購入したのは「アクリル工房」さんと「アクリルショップ・はざい屋」さんだったと思います。

撮影台の総額は12000円くらいです。

<セッティングイメージ>

ストロボとライトスタンド周辺

ストロボ&ソフトボックス

それなりのクオリティの商品撮影を求めるのであれば、ストロボは必須です。カメラのホットシューに付けた状態では光の向きをコントロールしにくいので、最低でもスレーブ発光ができるものを選びましょう。またそのストロボの光の質を優しく柔らかくするためにソフトボックスも欲しいですね。

「デスクの上に商品を置いて撮りました」というのが一瞬で分かってしまう写真よりも、なるべく背景は真っ白にして商品だけに目を向かせたいものです。

しかし1灯だけだと表現方法が限定的となります。2灯3灯とストロボを増台することで、背景布の後ろやサイド、撮影台の下からライティングすることで、背景や商品のシャドウを白く飛ばすことが可能です。

この写真はトップから柔らかい光を当てて、サイド光でハイライトを作り、下から当てることで商品の影を消しています。これが正解という訳ではなく、多灯ライティングなら、こういう表現が簡単に実現するということです。ストロボとソフトボックスは1セット1万円くらいですね。3灯となると3万円の出費になりますが、メーカー純正のストロボの場合、1台3万円でも買えないので、そう考えれば安いのではないか?とも思います。

ライトスタンド&ライトブーム

ライトスタンドとブームがないとトップライティングが困難です。安いものでも構いませんので購入されることをお勧めします。スタンドは2本セット3000円くらい、ブームは1本2500円くらいで売っています。

<セッティングイメージ>

三脚は絶対に必要!!!!!!!!!!

三脚は必要です。たくさん商品を撮影するでしょうし、あらゆる角度から撮ることもあるでしょう。同じ構図で比較撮影したいこともあると思います。商品を真正面から撮影したい場合はかなり低い位置にセッティングする必要があります。またブツ撮りは微妙な構図合わせでクオリティが変わります。ギア付きのセンターポールがあると凄く便利です。雲台も同じ理由でギア雲台が便利です。

<セッティングイメージ>

お勧めの三脚はGitzoのGT4553Sにギア付きセンターポール、雲台はアルカスイスd4 GPです。価格は合計35万円といったところでしょうか?お買い得ですね!

冗談です。

ブツ撮り用の三脚は、縮長が短く、そこそこ高さが伸びて、センターポール付きがいいですね。ブツ撮りは基本的にトリミング前提ですので、最初はそこまで水平にこだわる必要はないと思います。ですので雲台は3WAYでも自由雲台でも良いと思います。ギア雲台ならManfrottoの410という雲台が安くて(?)良いと思います。

まとめ

カメラボディやレンズについても書きたかったのですが、ブツ撮りのセットという話から逸れてしまいそうですので、今回は割愛したいと思います。三脚と雲台はあるという前提だとすれば、ストロボ1台、背景、撮影台で約3万円、2灯4万円、3灯5万円でそこそこ本格的な商品撮影ができると思います。K.Nさま参考になりましたら幸いです。ではではー

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント