初心者向け

三脚

失敗しない三脚・雲台の耐荷重の読み方

今回は「耐荷重」のお話です。三脚雲台選びで結構失敗が多いのが「耐荷重」です。今回はなぜわざわざ公表している数値のせいで失敗してしまうのかを書きたいと思います。 耐荷重に決まりはない 三脚や雲台にはメーカーから公表されている「耐荷重」とい...
三脚

カメラはじめました。さて何を撮れば良いのか

このブログに移転してから一度も「カメラ」のことを書いていないのではないか?と気付いてしまったので書きたいと思います。 と言いましても世の中には既にたくさんカメラに関して良い情報が出回っていますし、初心者向けのカメラやレンズの選び方が指...
メンテナンス

ピントチェックシート作りました!AF微調整して目指せ解像番長

ちょうど1年前にピントチェックシートを作ってブログの記事にしましたが、どうやらダウンロード用のファイル自体をグーグルドライブから削除していたようです。結構アクセスがあったのに申し訳なく思います。という訳で今回作り直しました。 ピントチェッ...
Arca-Swiss

これで納得!アルカスイス互換プレートはなぜ合わないか

アルカスイス互換メーカーには古くから相性問題という困った悩みがあります。 アルカスイス互換クランプとプレートの仕組み この相性問題は、「アリガタ」と「アリ溝(アリミゾ)」の形状やサイズが合わない事によってしっかりとプレートを固定出来ない...
クランプ

RRSレバークランプ操作の正しいお作法

ReallyRightStuffのレバークランプのレバーをカメラマン側(ボディ側)で操作している。という方は結構いらっしゃると思うのですが、被写体側(レンズ側)で操作するのが正しいお作法です。 もちろん操作なんて、各カメラマン...
Gitzo

三脚を快適に長持ちさせるためにやってはいけない事 (共回り防止対策)

今回は三脚のトラブルのひとつ「共回り」です。この記事は初心者の方、マニアの方、両方に読んで欲しい記事です。 共回りとはロックナットの操作時に、一緒に下のパイプが回ってしまいロックが正常に機能しない事です。最悪の場合、空転しっぱなしで脚...
三脚

後悔しない三脚の選び方

夕景・夜景・望遠撮影・マクロ撮影・スローシャッター・バルブ撮影・多重露光。これらの作品の完成度は、三脚の性能によって大きく影響します。こういった三脚がないと撮影が難しい被写体は、たとえ三脚を使っても撮影は難しいものです。三脚を使ったら直ちに完璧な写真が撮れるほど甘くありません。真剣に取り組むなら体力の許す限り、重くしっかりした三脚を選びましょう。
パノラマ撮影

ノーパララックスポイント(No Parallax Point)を知り、正確なパノラマを撮ろう

最近は画像編集ソフトが優秀になっていますので、パノラマ写真も簡単に撮れるようになりました。さらにほんの一手間かけるだけで、見違えるように作品のクオリティが上がりますので、ぜひ知らなかった方は次から実践してみてください。
Arca-Swiss

イチから始めるアルカスイス 〜アルカスイスとは〜

「アルカスイス」とはアルカスイスという会社が作ったカメラシステムのことです。そのカメラシステムの中の「雲台」部分のみが人気が高まり、様々な互換メーカーが誕生し、今やもっとも有名なクイックリリースの規格にまで成長しました。その勢いは三脚雲台メーカーにとどまらず、ストラップやレンズメーカーの三脚座にまで互換化は及んでいます。今後さらに拡大し、ほとんどのカメラメーカーが標準として採用するようになるでしょう。
三脚

カメラとレンズは買った。次は三脚だ!

三脚を使うことで普通に撮影する時でもさまざまメリットがあり、あなたの写真の表現手法は何倍にも広がります。カメラとレンズの次に選ぶアクセサリーとしては三脚がもっとも適したステップアップとなるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました