超おすすめ!自由雲台+ギア雲台のハイブリッド ARCA-SWISS P0 Hybrid

すでに購入から1年半経ちましたが、未だに新鮮さを失わないアルカスイス P0 Hybrid。しかし私が思った以上にユーザーが増えていないと言うのが現状です。

今回はこの素晴らしい製品をもっと普及させるべく魅力を発信したいと思います。

アルカスイスP0 Hybrid 基本スペック&外観

arcaswiss-p0hybrid

可搬性を重視

下半身が自由雲台、上半身がギア雲台、2種類の雲台をハイブリッドさせた非常に個性的な雲台です。ノブの出っ張りも最小限に抑えられており、わずか620gとギア雲台では最軽量に仕上げたのは、おそらく可搬性を重視した設計なのだと思います。高さは125mm、底の三脚取付けネジは3/8インチ太ネジ、耐加重は20kg。価格は実勢価格で15万円前後。Gitzoであれば2型くらいの三脚にちょうど良いサイズ感だと思います。

各部の操作性

自由雲台と言えばアルカスイスと言うくらい、得意分野。ボールサイズは小さいながらアスフェリカルボール(楕円形ボール)を採用していますので、滑らかな操作性を実現しています。通常ボールサイズが小さくなると途端に操作性が落ちるものですが、アルカスイス社の凄いところはZ1+と比較しても遜色ないところです。

フリクションの調整はできません。これが最大の欠点かな?と思っていたのです。
…が、さすがアルカスイスです。最大に緩めてもカックンしない程度に最初からある程度の負荷をかけた状態で組み上げてきました。これによりほとんど弱点が見つからない雲台となりました。
またギア雲台の操作性も秀逸です。重い機材が載っていても非常に軽快で、指先の力で楽々操作が可能です。下側、上側のティルト角はどちらも10度ずつと、さほど可動範囲は広くありませんが、微調整という機能なら必要十分です。

arcaswiss-p0hybrid

また0度の位置にストッパーがあり、感触で0度に戻った事が分かるようになっています。パン方向にも90度ごとにクリックストップ機能が付いています。クリックストップ機能はクランプを外して内部の部品を外せばOFFにすることも出来ます。

P0 Hybridは一体どこがどう凄いのか?

質問者
質問者

P0 Hybridは何となく良さそうだけど、値段が馬鹿みたいに高いし、耐加重もそんなに大きくないし、本当に買う価値あるの?

あります!

実際にこのような質問を何度か受けたことがありまして、その度にお勧めしてきました。これまで私の知り合いだけでも3人買われており、いずれの方も満足度は高いです。

では一体どこがどう凄いのかを説明したいと思います。

操作性が半端ない

見出しの通りです。操作性が半端ありません。まず普通の自由雲台はほぼワンハンドル操作で構図を決めることができます。これが自由雲台のメリットとも言えます。

しかし現実はちょっと水平がズレてしまったり、雲台をロックして押さえていた手をボディから離したら、ほんの少しお辞儀して構図がズレしまった!なんてことありませんか?マクロ撮影だったらこれらは致命的ですよね。

しかしP0 Hybridならばワンハンドルで決めた構図を変更すること無く、ギア操作で微調整することが可能です。

arcaswiss-p0hybrid

通常の自由雲台では少しズレることを想定して位置決め→固定をする必要がありますが、P0 Hybridならまったく気にせずどんな雲台よりもスピーディにセッティングが可能です。もっともシャッターチャンスに強い雲台と言っても過言ではありません。

画角内の被写体をほぼ動くこと無く、微調節が可能

arcaswiss-p0hybrid

ギアは扇状に動くので画角内の被写体位置をほとんど動かさずに、水平、垂直の微調節が可能です。

登山や旅行にも最適

非常に軽量ですので、登山や旅行にも携行しやすい製品です。足場の悪いフィールドでも、この操作性なら素早く簡単に構図合わせができます。上のような不安定な足場だと、ちょっと水平がズレていても「まっ良っか」と妥協しがち。しかしP0 Hybridなら煩わしさを感じません。

夜景のように、じっくりと腰を据えて撮影するシーンでも、この操作性は魅力的です。上のように室内からの映り込みを避けるためには、微妙な位置決めが必要です。ギア雲台であればもっとも映り込みの少ない場所を探りながら構図を簡単に作ることができます。

パノラマ雲台として使える

パン機能がクランプ下に付いているため、水平を合わせたら正確な360度パンしても、決して水平がズレることはありません。

arcaswiss-p0hybrid

別途クランプ付きロングプレートを用意してノーパララックスポイントで撮影すれば高品質なパノラマ撮影が可能となります。

ノーパララックスポイント(No Parallax Point)を知り、正確なパノラマを撮ろう

もちろん欠点もある

欠点がない雲台など存在しません。

固定力はZ1+には及びませんし、一本脚で頭でっかちな構造が故、さほどブレに強くありません。小型軽量とは言え通常の自由雲台よりは重く大きいです。何より価格が非常に高額であり、安易に推奨できません。しかし、機材や用途に合う方なら、それらの弱点を補って余りあるだけの魅力が詰まった製品であることは間違いありません。

arcaswiss-p0hybrid

まとめ

価格だけがネックですが、海外から購入すれば結構安く購入することも可能です。ただしアルカスイス社の製品は他社と比較して、初期不良があったり個体差が大きいので、その辺は多少の覚悟が必要となります。中型雲台の中ではこれに勝る雲台はまず無いと思いますので、最高峰の雲台をご希望の方には超お勧めです!参考になりましたら幸いです。ではではー

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

  1. すりみ より:

    この度、こちらのブログを参考にしてP0Hybridを購入したすりみです。

    購入後、初めて丸一日撮影で使用したのでその感想を報告します。

    私はどこにでもいるアマチュアです。
    どちらかというとポンコツ寄りです。
    使用機材はFUJI X-T2 レンズは XF18-55 XF80macroです。

    購入前に検討したのは自由雲台でアルカスイスのZ1+とRRSのBH-55の二択。
    ほぼBH-55に決まっていたのですが、RRSの三脚が注文不可状態が続いていたため実際には
    注文できずにいました。

    そんなある日、何気なく見ていたYouTubeで当ブログのハクさんのP0Hybridをレビューする
    動画を見てしまい、結果購入しました。

    横道にそれましたので感想に戻ります。

    長所
    適度なフリクションがかかってるのと、ボール固定部からカメラ固定部まで一般的な
    自由雲台よりも距離があるためか構図決めが本当に滑らかです。
    特に力のコントロールをしなくても、ヌルヌル動いてピタッと止まります。

    固定するときも指二本でリングを軽くクリっと回すだけでカチッと止まります。
    止めるときにありがちな、ほんのわずかなズレも私は感じませんでした。

    よって、構図が素早く簡単かつ正確に決められるため肝心のギア部を使う機会がほとんど
    ありませんでした。

    短所
    レバークランプの開く動作がやりにくい。
    RRSのクランプの癖で何度もロックを解除せずに開こうとしてしまいました。

    雲台機能に不満はありません。
    購入して本当に満足してます。

    生まれ変わっても、またP0Hybridを購入します。

    • haku haku より:

      すりみさん、P0Hybrid購入おめでとうございます!気に入っていただけたようで安心しました。純正クランプは使いにくいですよね。クランプが外せるようなら将来は改造も視野に入れられても良いかもしれませんね。その際はまた相談してください。