【2019年度版】Really Right Stuff 三脚の石突のスリップ対策

Really Right Stuffの三脚の石突はツルツル滑る

RRS三脚に採用されている石突は、形状が良くないのか、はたまたゴムの素材が悪いのか、グリップ力(摩擦力)がありません。屋外で使用する分にはまったく気にならないのですが、床の上だとちょっと滑ってしまい、機材を交換したり、Lブラケットで縦横構図を変更する場合は、滑らせないように注意が必要です。何とかしてこの問題を解決するべく、昨年9月ごろに全力で対策を施してみました。

  • 石突そのものを交換する
  • 滑り止めクリーナーを使う
  • 石突を自作する
  • ゴムに溝を付ける
  • ゴムをコーティングする

上記対策の中でもっとも良い結果に繋がったのは「滑り止めクリーナーを使う」でしたが、効果がすぐに切れてしまうという欠点がありました。

石突を自作するのは見積もりを上げましたが、金型を作る必要があるらしく、お金が掛かりすぎるため断念しました。

結局この中で総合的に良い結果に繋がったのは「ゴムでコーティング」。ではなく、その「コーティングを剥がした」状態でした。

コーティング自体は結構弱く、すぐダメになってしまうのですが、コーティングは綺麗に剥がれず、ゴムに付着して残ってくれるため、その付着物が摩擦を産むという、なんとも言えない副産物的展開で幕を閉じたのでした。

しかしこれも時間が経過とともに、グリップ力が弱まり、また滑り始めてしまいました。手間がかかる割には効果は2ヵ月ほどしか持続しませんでした。ほぼ室内で使っていたので、厳しい環境で使うと寿命はさらに縮まるでしょう。

もう一度、石突そのものを交換する

そもそもなぜReally Right Stuffの石突が滑りやすいのでしょうか?ゴムの材質もあると思いますが、形状による影響も大きいと思います。丸い形状はフラットな床では滑って当然と言えるでしょう。

実際、Gitzoの石突に交換したところ滑りは軽減しました。

しかしGitzoの石突は幅が広くないため、全開脚した時にReally Right Stuffの三脚のロックナットが地面に干渉してしまいます。

ならばReally Right Stuffの石突の丸い形状を、少しなだらかにしてやれば良いのでは?と思いReally Right Stuffの大型三脚用(シリーズ4用)の石突を試してみました。

しかし結果は残念ながらほとんど変わりませんでした。直径数ミリの大きさの差では効果は望めないようです。

そんな中、情報を求めてネットを徘徊していますと、なかなか良い形状の石突を発見しました。Robusという三脚メーカーの石突で、価格は1セット(3個入り)約40ドルとそこそこ高いです。取り付けネジは3/8インチ。

ドキドキしながら装着しましたところ…

ネジが全ネジではなく、半ネジでした…。こんな凡ミスするなんて痛恨の極みです。しかしここまで来て「失敗しました」ではブログのネタにもなりません。

何か手はないものか?そう言えばGitzoのスパイク内臓石突はスペーサーが挟まれてました。間に樹脂かゴムシートを挟めば良いのです。

という訳で固めの合成ゴムシートをパイプ径に合わせてワンオフで制作することにしました。

シリーズ2と3のパイプ径に合わせて26mmと30mmの2種類作りました。厚みは5mmの合成ゴムです。

完成です。結局このゴム石突に交換して滑りにくくなったのか?と言えば、少しマシになったかな?と思います。Gitzoの石突に交換した時と同程度という感じで「劇的に良い!」という程ではありません。ただGitzoと違って全開脚した時にロックナットは干渉しません。デザインも格好良いので、とりあえずはコレで当分使ってみようと思います。

それにしても一体誰に需要があるんだ?この記事は

The following two tabs change content below.
haku
こんにちは三脚フォトグラファー「ハク」です。 当ブログのキャッチフレーズは「探していた三脚と雲台の情報がきっと見つかる!三脚雲台沼ブログ」です。 当ブログを読めば大抵の三脚雲台の悩みは解決できるようになるはずです。 どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました